スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
幼児教育と英語教育の疑問その3
幼児教育としての英語教育に早期から取り組んでいると、日本語な発達に悪い影響を与えるのではないか、という疑問を持つ人がいます。
せっかく早い時期から幼児教育に取り組んでいるのに、悪い結果につながってしまうとしたら残念なことです。

日本語の習得をおろそかにすることは問題であるといえます。
しかし、複数の言葉を同時にマスターしようとしても、片方の言葉の習得が遅れるということはないようです。
複数の言葉を習得したバイリンガルの子供は周囲の状況に応じて自然に言葉を使いわけているようです。
自然に言葉が出てくるので、「頭の中で混乱する」ということはありません。

日本語しか話せない子供と、英語も日本語も話せる子供に表面的な違いはありません。
違いが出るとしたら、物事の考え方に出るようです。
普段の日常生活において英語に触れた生活をしていると、日本とは違う世界があるという認識を持つようになります。
日本人とは違う世界観や価値観を持った人が存在することを、当たり前のように受け入れます。

バイリンガルでない人は「正解は1つ」と決めたがるのに対し、バイリンガルの人は「正解はたくさんある」という思考を持っている、という説もあるようです。
幼児教育としての英語教育の結果、英語の点数がいいとか、発音がきれいであるといった目に見える部分の成果があります。
しかし、本当の英語教育の目的は子供の内面に対しての成長にあるのかもしれません。
さまざまな文化を許容し、多様な考えを持つ人たちを受け入れる考えは、将来大きな財産になってくると思います。

| | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 10:00 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode