スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
幼児教育の環境
幼児教育を語る上で非常に興味深い研究結果があります。
その研究はアメリカで1921年から1950年にかけて行われました。
11歳の男児25万人を無作為に抽出し、知能検査を行って知能指数の優れた800人を抽出し、その後の人生を追跡調査したものです。
知能検査と同時に性格検査も行い、性格が人生にどのような影響を及ぼすのか、ということを明らかにした研究です。
29年後の追跡調査で、優れた知能を持つ800人はどのような職業に就いているのでしょうか。

これによると、800人のうち、優れた知能を活かす仕事に就いていた人は45パーセントであったようです。これをAグループと呼びます。
残りの55パーセントの人は、優れた知能を持ちながらも、その能力を十分に活かすことのできない職業についていたようです。これをBグループと呼びます。
AグループとBグループの違いはどこにあるのでしょうか。
11歳当時の性格検査にさかのぼると、AグループとBグループには大きな違いがあることがわかりました。

Aグループの性格の特徴は、持続性がある、忍耐強い、社会性がある、慎重である、リーダーになりたいという欲求がある、であるようです。
Aグループにはこれら5つの性格特性がありました。

最近の研究結果では性格に与える影響は遺伝子ではなく、育った環境であることが分かってきました。
9ヶ月の胎児期から2歳までの間、どのような環境のもとで生活したかによって、今後の性格を大きく作用するという研究結果もあるようです。
これらのことを考えると、幼児教育は非常に大切なことであると思えてきます。

| | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 10:00 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode